トップ / 敏感肌の人にはクレンジングミルク

敏感肌のクレンジング

敏感肌の人にはクレンジングミルク

敏感肌におすすめのクレンジング

実際に敏感肌にはどのような方法が必要となるのでしょうか。まずはクレンジングついて考えていきましょう。メイクをしている時よりも、落とす時のほうが肌には強い負担がかかると言われています。バリア機能が弱まったことで刺激を受けやすくなっている敏感肌の方こそ、クレンジングにこだわることが重要なのです。敏感肌の方にオススメの化粧品はこちら。

・敏感肌にはクレンジングミルクがオススメ
敏感肌の方にオススメするのがクレンジングミルクです。皮脂を落とす作用のある界面活性剤が控えめになっていることからも、敏感肌にとってはベストなクレンジング剤といえるでしょう。

・肌に優しいテクスチャー
水分と油分がバランスよく配合されていることも大きな特徴であるクレンジングミルク。メイクとなじませる際に肌への摩擦が少ない滑らかなテクスチャーであることも敏感肌の方にオススメできるポイントの一つです。ただし、クレンジングミルクには拭き取るタイプと洗い流すタイプとがあるのでご注意下さい。肌に優しいのはもちろん洗い流すタイプですので、摩擦が発生する拭き取りタイプは避けるようにするとよいでしょう。

・クレンジングミルクの注意点
クレンジングミルクを使う際に考慮すべきなのが、落とせるメイクの範囲です。クレンジングミルクは肌への負担を抑えた分、洗浄力はそこまで高くはありません。そのため、アイメイクなどに関しては、ポイントメイクリムーバーなどを使って落とし、ベースメイクなどをクレンジングミルクで落とすようにするとよいかもしれませんね。

・クレンジングミルクの正しい使用法
ウォータープルーフのファンデーションや日焼け止め、リキッドファンデーションなどのしっかりメイクにはあまりオススメできません。ですが、パウダーファンデーションやBBクリームなどのナチュラルメイクの場合は、クレンジングミルクだけでメイクを落とすことができますので、ぜひご活用くださいね。

【クレンジングミルクの使用料について】
適量はポンプのもので4から5プッシュです。見た目で500円玉程度になると良いでしょう。顔に伸ばしてみたときに、肌の上を指がスーッと楽に滑る位を目安の量としましょう。

【手順について】
1.乾いた手にクレンジングミルクを取り、温める
適量のクレンジングミルクを手に取り、揉むようにして温めていきます。ここでのポイントはしっかりと温めること。こうすることでメイクをきれいに落とすことができるだけでなく、クレンジング時間の短縮にも繋がります。

2.目元意外の顔に広げる
額、ほほ、鼻、あごなどにつけ、顔中まんべんなく広がるようにクレンジングミルクを伸ばしていきます。軽くマッサージするような動きを意識することで汚れを浮き上がらせていきます。このルーティーンを2、3回繰り返します。小鼻の脇、Tゾーンなどのテカりがちな部分は汚れが落ちにくいので、ゆっくりしっかりなじませていきましょう。

3.目元にひろげる
残ったミルクは目元に優しくなじませましょう。ここでクレンジングミルクが足りない場合は足していただいたOKです。

4.ぬるめのお湯でゆっくり洗い流す
冷たい水ではなくぬるめのお湯を使うようにしましょう。メイクや皮脂の油汚れをしっかりと洗い流すことができますよ。

界面活性剤などが含まれたクレンジング剤を使用すると皮脂膜や角質層に悪影響が発生し、また、肌にかかる摩擦が大きいクレンジングを行い続けるとメラニン色素の沈着などが起こります。これは敏感肌だけでなく、シミやくすみの原因にもなってしまうので肌に優しいクレンジングを選びましょう。

Copyright © 敏感肌って一体なに?. All rights reserved.