トップ / 敏感肌におすすめの洗顔方法

敏感肌のクレンジング

敏感肌におすすめの洗顔方法

石鹸で洗顔する時の注意点と方法

洗顔をするうえでの注意点と、固形石鹸を使った敏感肌のための正しい洗顔方法をご紹介します。

・熱いお湯や冷水は使わない
敏感肌にかぎらず、お湯や冷水での洗顔はNGです。お湯での洗顔は必要以上に皮脂が溶け出してしまい、お湯そのものが肌への刺激になってしまう恐れがあります。また、一見、肌の引き締め効果があると思われる冷水もその効果は一時的なもので、逆に冷水での急激な冷却は赤ら顔や乾燥の原因になってしまうと言われています。

洗顔にベストなのは適度に皮脂を残せて、肌のバリア機能も保つことができるぬるま湯を使うようにしましょう。ぬるま湯の基準は「少しぬるいかな」と感じる温度がベスト。具体的な温度としては30度から35度くらいがよいでしょう。

・固形石鹸を使う上での心構えとは?
前ページでの少し触れたように固形石鹸は、肌の刺激が少なく、洗顔の本来の目的である「余分な汚れや皮脂を洗い流し、肌を適切な状態に導く」ことに優れた洗顔料です。皮脂を削ぎ落としすぎてしまうと、肌が砂漠のような乾燥状態に陥ってしまいます。結果、肌の乾燥を解決するために大量の皮脂が分泌されてしまい、肌はカサついているのにベタつく「インナードライ」という状態になってしまいます。

このように洗浄しすぎないようにキレイにするという目的のもと、固形石鹸を使うことを念頭において洗顔していきましょう。

・固形石鹸での洗顔方法
1.まずは手を洗う
まずは手についている雑菌や汚れが顔に移ってしまわぬように、しっかりと手を洗いましょう。

2.固形石鹸を良く泡立てる
しっかりと泡立てることで顔と手の間にクッションを作ることができます。これが肌の摩擦を軽減してくれるのです。

3.Tゾーン→頬→目や口のデリケートゾーンの順番で洗う
【Tゾーンの洗い方】
最初は皮脂の分泌が多いTゾーンから洗いましょう。額の中心に泡をつけてこめかみ部分まで徐々に広げていきます。毛穴に黒ずみが溜まりやすい鼻は指の腹を使ってクルクルとマッサージするように洗いましょう。

【頬の洗い方】
Tゾーンほど皮脂の分泌が多くない頬は、泡を乗せたら掌で包み込むように洗いましょう。

【目や口のデリケートゾーンの洗い方】
最後に洗う目や口などのデリケートゾーンは、他の箇所に比べ、皮膚が薄いのでご注意を。洗い方は泡をのせるだけでOKです。ほとんどこすらないようにするとよいでしょう。

4.ぬるま湯でしっかりと洗い流す
洗面器にためたぬるま湯をつかい、手のひらを使ってぬるま湯を付けるというイメージで30回はすすぐようにしましょう。この時に泡が残ってしまうと肌荒れなどの原因になる恐れがあります。泡の残りやすい「こめかみ」「あご」「髪の生え際」は重点的に落とすようにしましょう。

5.清潔なタオルで水分を取る
清潔なタオルで水分を吸収させるように肌の水気を取り除いていきましょう。タオルは摩擦が起きやすいのでこすらないようにすることが肝心です。

何かと悩まされることの多い敏感肌ですが、今回ご紹介したようにしっかりとしたケアをしていくことで、改善されていくと言われています。内側と外側の両方から敏感肌を改善していきましょう。

Copyright © 敏感肌って一体なに?. All rights reserved.